FC2ブログ

まちだのお店の最新ツイート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「震災時の自助・共助・そして公助 ~3.11 東日本大震災を振り返って Part 2~」

市民公開講座パンフ_01

日時:2013年3月3日(日曜日)午後1時~
場所:町田市民フォーラム 3階ホール
定員:180名
申込方法:
2月12日(火曜日)正午から2月28日(木曜日)までに
イベントダイヤル(電話042-724-5656)へ
※建物の地下及び近隣に有料駐車場あり。


東日本大震災から一日一日が過ぎていきました。
そして間もなく2年が経とうとしています。
震災直後の様子はメディアでよく見る機会がありましたが、
その後今に至るまでの状況の変化を、実際に詳しく知る人は多くはないのでは?

今回開かれるのは、昨年3月11日に開かれた『市民公開講座 3.11東日本大震災を振り返って』の第2回目。

第1部では『石巻の精神科医が体験した東日本大震災
―その後2年間の活動―』
として、宮城クリニック 院長  宮城 秀晃さんによる
震災後2年間の活動についての講演です。

また、医師会と市の震災時の連携について、対談があります。
【対談】
救急対策業務担当理事  村野 浩太郎
町田市防災安全担当部長  田中 要

「その時市民はどうする」、私たちはどうすればいいか、事前に知っておくと落ち着いて対応できるかもしれません。

第三部では「震災から復興へ」と題して「はぐどばん」の演奏を交えてスライドを鑑賞します。
映像:宮城 秀晃 演奏:はぐどばん
(ピアノ:萩野仁志・ベース:多田文信)


被災した時の対策は日頃から考えておいた方がいいとはわかっていても、
なかなか取りかかれないもの。
この機会に、もう一度しっかり考えておきたいですね。

なお、第1回の公開講座は、コチラでご覧いただけます。

『市民公開講座
 3.11東日本大震災を振り返って
 ~私たち町田市の3.11きのう きょう あした~』

内容
①神奈川DMATおよび東海大学における東日本大震災に伴う医療救援活動
②放射線に対する正しい知識
③震災からの教訓と対策

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

エリア情報はこちらまで
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。