FC2ブログ

まちだのお店の最新ツイート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「滑稽とペーソス -田河水泡“のらくろ”一代記」展

〔会期〕 2013年1月19日(土)~2013年3月24日(日)
〔会場〕 町田市民文学館ことばらんど 2階展示室
〔休館日〕 毎週月曜日(ただし2月11日は開館)、2月14日(木)、3月14日(木)
〔観覧時間〕 10:00~17:00(毎週金曜日は20:00まで開館)
〔観覧料〕 一般:400(300)円、65歳以上・大学生:200(100)円、高校生以下:無料 
※( )内は20人以上の団体料金
※ただし1月19日(土)、2月10日(日)、3月24日(日)は入場無料


「のらくろ」は、昭和6年から連載を開始された漫画で、身よりのない野良犬の“のらくろ”が、猛犬連隊に入営し、失敗をくり返しながらも機知とユーモアで様々な困難を乗り越えていくストーリー。

作者・田河水泡は晩年を町田市玉川学園で過ごした、町田ゆかりの人です。
母を早くに亡くし、父も18歳で他界したそうですが、どんな逆境にあっても人を信じ、童心を失わず、前向きに生きたという田河水泡の人生は、きっと参考になる点が多いでしょうね。

この展覧会では、約100点の原画をはじめとする書簡や雑誌、書籍などの資料があるそう。
懐かしい人も、初めて見る人も、大ヒットした「のらくろ」を探りに行ってみて下さい。

のらくろ画像
ⓒ田河水泡/講談社
田河水泡肖像写真
田河水泡


関連イベントは、盛りだくさんです。
*事前申し込みが必要なイベントもあります。
詳細は、ことばらんど展覧会URLをご確認ください。
講演会に落語会にと、どんなお話が聞けるか楽しみですね!

◆講演会
①「『のらくろ』はなぜ今も面白いのか?」2月16日(土)14時~15時30分
講師:夏目房之介(漫画コラムニスト、学習院大学大学院教授)
②「田河水泡と小林秀雄」3月17日(日)14時~15時30分
講師:渡邉正彦(玉川大学教授)

◆落語会「田河水泡の新作落語会」2月17日(日)14時~15時
落語家:三笑亭夢吉、雷門花助

◆創作講座「4コマ漫画をつくろう!」 2月2日(土)14時~16時
講師:中垣ゆたか(漫画家)

「町田家、あさって、しあさって。」でおなじみの中垣さん。
以前1600話突破で町田経済新聞に紹介されていましたが、現在すでに2000話を突破されていますね。

◆文学散歩
①「のらくろ探検隊! 玉川学園を歩く」3月2日(土)12時30分~16時
集合場所:町田市立博物館 /解散場所:小田急線・玉川学園前駅
②「のらくろ探検隊! 深川を歩く」3月6日(水)13時~16時
集合場所:田河水泡・のらくろ館 /解散場所:地下鉄東西線・門前仲町駅

田河水泡は、幼年期から青年期までを江東区で過ごしたそうです。
案内付きなら、じっくり散策できますね。

◆のらくろSPレコード鑑賞会
戦前、キングレコードから発売された「のらくろ二等兵」などを鑑賞

展覧会のチケットか、その半券が必要です。
レコードというのがかえって興味が湧きます。懐かしい!

◆学芸員によるギャラリー・トーク
1月26日(土)、2月5日(火)、24日(日)、3月5日(火)、19日(火)
いずれも14時から1時間程度

講演会等は敷居が高いって方は、こちらからお気軽に参加されてはいかが?


お問い合わせ:
町田市民文学館ことばらんど
〒194-0013 東京都町田市原町田4-16-17
TEL:042-739-3420
FAX:042-739-3421
展覧会URL:
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/bungaku/norakuro.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

エリア情報はこちらまで
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。